FC2ブログ
こびとの環境学習
環境について考えてみました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
赤潮②青潮とはどう違う?
赤潮やアオコと似たようなものとして考えられがちなのですが、青潮は少し違った現象です。

青潮は岸の近くの水が青色や白濁色になることです。
これもプランクトンが大量発生するのがそもそもの原因ですが、赤潮のようにそれ自体で色付くのではありません。
青潮の機構を説明します。

大量発生したプランクトンが死ぬと、下の方に沈殿していく。
 ↓
低層には生物の糞や死骸を食べて分解する生物がいるので、どんどん分解していく。
 ↓
そのとき酸素がたくさん使われるので、底の方には酸素濃度の低い水塊ができる。
 ↓
地上で強風が吹いたりすると上の方の水が動くので、この低酸素の水塊が上昇。

この水塊には分解のときに生成された硫化水素などが含まれることがあるので、空気中の酸素と反応して青色や白濁色になるのです。
青潮が起こったとき、そこには酸素の少ない水塊があるので魚介類が大量に窒息死してしまいます。
20070420155644.jpg

青い海ってなんだか良いイメージですが、窒息はこわいですね…

スポンサーサイト
【2007/04/02 21:29】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<赤潮③原因は… | ホーム | 赤潮①赤潮って?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://natsu1234.blog101.fc2.com/tb.php/2-58a49993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。